Jenkinsの代替を
探していますか
Buddyを
試してみよう

Jenkinsの代替を 探していますか Buddyを 試してみよう

プレミアム後、無料で続けられ、
良ければアップグレードしよう

“JenkinsからTeamcityへ、
そしてTeamcityからBuddy
へ変更した。
私がこの企業に入ってから
の8年間で本当に最高の
決断だった。
Jenkinsでは、新言語で、
又は特別な環境の要件が要るプロジェクトを
追加する時、
いつも頭痛が
起きた。”

Moritz Friedrich

Moritz Friedrich
なぜBuddyを?
15分のセットアップ

直感的なインタフェースでの幅広い定義済
みの
アクションがあり、
手間がかからないパイプラインの設定

簡単なインスタレーション

Buddyのクラウド型に今すぐに飛び込もう
または一つのコマンドだけで自分の機械で開始できる

豊富なインテグレーションの選択

AWS・Google・Docker・Kubernetes
のアカウントには
シンプルなインテグレーションになる

簡単に身につける

丁寧で素早いエンジニアサポートおよび包括的な
ガイドにより、すぐに開始できる

Buddy 対 Jenkins

毎週の更新

クラウドの
設定

セキュリティ
の監査

パイプライン
の設定

GUIでの15分の
設定と
YAMLに
瞬間的なエクス
ポート。

セットアップは
アクションごと
に6-10 時間ほど
かかる。しかも、
機能性のために
トラブル
シュー
ティングを実行し
なければならない
専用のプラグイン
も必要。

性能

依存性およびDockerのレイヤーは
性能を高めるため、分離したコンテナで
キャッシュされる。

性能を向上させるため、手動的にそれぞれの
プラグインを調整し、又は機械の
アップグレードが必要になる。

整備

直感的なUI/UXによって、技術に詳しくない
ユーザーにとっても、パイプラインの
作成および管理が簡単になる。

Jenkinsにはフルタイムの開発者 がパイプラインを
設定し、モニターし、管理する必要がある。

“BuddyはJenkinsのサーバー
を管理する手間が省き、
開発者に最高サービスのデ
リバリーに力を入れさせ
る。
優れたUIのおかげで、
弊社の開発者がYAML
ドキュメントで探さず、
効果的に新
インテグレー
ションを追加することが

きるようになった。”

Erich Reich

Erich Reich

よくある質問

Buddyに無料プランがありますか。

Buddyは無料プランに毎月120のパイプラインの実行および5つのプロジェクトを 提供しております。いつでも無限のパイプラインの実行ができる有料プランに アップグレードできます。 全ての新アカウントは14日間無料のプレミアム体験から 始まり、自由で好きなようにBuddyを試すことができます。

なぜ無料のJenkinsがあっても、Buddyを購入したほうがいいですか。

簡単に言えば、プロセスの整備および設定する開発者チームがいなくても、より速く ソフトウェアのデプロイができるからです。Jenkinsを利用する勤勉な開発者は一つの パイプラインの作成が最長9-10時間ほどかかります。それが直接にコストに 加わります。

Buddyの場合、開発者は完全なプロセスを作成するのが、15分ぐらいで済みます。
手な設定のエラーを解決します。ビルドがキャッシュされ、非常に 速くなります。変更されたファイルしかデプロイしなくて、いつも全体のレポジトリをする必要はありません。

セキュリティはどうですか。

Jenkinsは、設定の際、様々な開発者によって開発された、第三者のプラグインを利用させます。そのプラグインのサポートがしばしばやめられ、又はセキュリティギャップがあります。BuddyはPCIとSOC2に準拠しております。それに加えて、最新のセキュリティ基準に従うか 確実にするため、継続的にSecurityMetricsによってセキュリティ監査が行われております。Buddyのセキュリティ対策についてもっと詳しく知りたい場合、こちらで詳細が見られます。

BuddyはDockerをサポートしていますか。

はい、サポートしております。実は全てのビルドとコマンドが分離したコンテナで実行されます。そのおかげで、エンジニアの特定のビルドのリスクが避けられます。開発者が同じビルドの環境を利用するからです。Dockerfilesでのカスタムイメージを構成し、Docker Hub・Amazon ECR・ Google GCR、またはいずれもプライベートなレジストリにプッシュできます。その上、BuddyはコンテナをKubernetesのクラスタでオーケストレーションさせます。Google Kubernetes Engine・Amazon EKS・Azure AKSおよびDigitalOcean Kubernetesのホスティングも含まれます。

BuddyにYAMLの設定が利用できますか。

はい、BuddyはYMALおよびGUIの設定をサポートしております。GUIでパイプラインを作成し、YAMLにエクスポートし、バージョンコントロールで保存し、プロジェクトが管理できます。又はJenkinsでのように、コードでデリバリーのプロセスを作成することも可能です。

Buddyはマイクロサービスをサポートしていますか。

はい、Buddyに、MongoDB・MySQL・Redis・Seleniumといった人気のサービスおよびデータベースをアタッチすることができます。プラグインをダウンロードする必要はなく、ビルドアクションごとにすべてのサービスが初めから提供されております。

デプロイに力を注ごう

プレミアム後、無料で続けられ、
良ければアップグレードしよう